代謝を上げて筋力をつければリバウンドは怖くない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せると、窶れるは違います。減らしたいのは脂肪で、増やしたいのは筋肉です。体重が落ちることのみを目的とせず、見かけが痩せるダイエット目的とします。
代謝を良くして、筋肉を付けて、リバウンドしにくい健康的なダイエットが目標です。
まず水分をブレンド茶などで、一日2リットル程飲みます。一気に飲んでも体を壊すので、コップに半分くらいをマメに飲みます。甘い飲み物は絶ちます。トイレに行く回数が増え、代謝が上がります。おやつも一切絶ちます。
一日置き位に、30分程度、息が上り、汗をかく速度で大股で歩きます。あえて走らなくて大丈夫です。
食事は、お茶碗を一回り小さくし、八分目までに控えますが、三食今まで通り食べます。

ダイエットを止めた後にも、長く体型をキープできます。

身体に悪いことをしないので、長期的に見て、痩せるだけのダイエットと違い、身体が健康になります。
特定の食品に片寄って用意する必要も、難しい計算も無いので、準備は面倒くさくないし、歩く時間さえとれて、根気よく続けることができれば無理なく痩せます。
目安は約1年です。そのくらい頑張ることが出来れば、10キロダウンはかなり固いです。1年後にこのダイエットをやめても、それまでダイエットが上手くいっていたなら、しばらくは惰性で体重が落ちていき、その後10年程度体重をキープすることができました。
道具不要でお金もかからないし、綺麗な歩き方を心がけると姿勢も良くなりますし、メリットしかないダイエットだと思います。

ダイエット以外の楽しい目的を作る。

ダイエットするという事以外に、ウォーキングする場所に目的をつくることがモチベーションをあげていくコツではないかと思います。ただ歩くだけだと、確実に飽きます。
私は、歩くコースのゴール地点を本屋さんにしました。ダイエットの為だけが目的で歩くとなると、ただ辛くてめげてしまったと思いますが、趣味の読書のためと思って出掛け、数回に一回は自分へご褒美で本を買って帰ると、単純に楽しいため、長続きさせることができました。
最近はレンタルコミックなどもあるので、返却期限のために歩く、など、他者との約束を作ってしまうのも、かなり有効な手段かと思います。
それでも飽きる時は、音楽を聴きながら歩くとか、近所でも通ったことが無い通りをあえて歩くなどの、変化をつけるのも有効な方法だと思います。

無理せず筋トレを地道に続けよう

ポイントは、代謝を上げて、歩いて筋力をつけて、三食はしっかり食べること。
やってることは、人間として、ごくシンプルで基本的なことなので難しいことは何もないです。
……難しい事は何もないのですが、そこが一番難しい部分でもあります。
そもそも、それが出来てたら肥ってないんだよという話で……。
飽きないように長期的に継続し続けることが最大のコツだと思います。
ダイエットだと思うと、辛いので、ダイエットを兼ねて、もしくは、ダイエットを口実に、楽しいことをするんだと思えれば、続けられると思います。
ダイエットを自分の趣味とリンクさせてしまうことや、ダイエットを生活において、必ずしなければならない習慣にリンクさせることで、継続して続けて行くことが出来ると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加